インプラントの歯,ホワイトニング

MENU

歯磨きをきちんと行うことも大事です

 

歯を失ってしまった場合の治療にも様々な方法がありますが、特に注目されているのが人工の歯根を埋め込む、その上に人工の歯冠をかぶせることで新しい歯を作るインプラントです。

 

周りの歯に負担をかけずに新しい歯を作ることができ、顎の骨にしっかり定着しているので噛む力も強く本物の歯のように食事を楽しむこともできます。さらに見た目も本物の歯に近いのも人気の理由です。

 

人工の歯ですので、虫歯になる心配はありませんが、やはり人工歯も着色が進み、色が変わってしまうことがあります。コーヒーやワインなどの着色しやすい飲み物、食べ物を好む人は特に変色しやすい傾向にあります。

 

そんな場合はまずは歯磨きを丁寧にして余計な汚れを落としていきましょう。着色汚れに強いタイプのホワイトニング歯磨きがあれば、より楽に汚れを落とすこともできます。

 

お手入れをきちんとすることは、人工歯をきれいに保つことができることはもちろん、インプラントを長持ちさせるのにも役立ちます。

歯科医院での治療も検討してみよう

歯磨きなどのお手入れだけでは着色が落ちない場合は、歯科医院に相談してみましょう。

 

本物の歯の場合は様々なホワイトニング治療が行われており、薬剤を利用して歯を白くする治療もよく選ばれています。

 

本物の歯の場合はこうした治療を続けていくことで理想の白さを得ることができますが、セラミックの歯冠の場合は見た目は本物の歯に近いですが、そうした薬剤で白くしていくことはできません。従来のホワイトニング治療をすると本物の歯が白くなりますので、かえって人工歯の変色が目立ってしまう可能性もあります。

 

前歯などの目立つ部分はセラミックのような本物の歯に近い仕上がりになる素材が選ばれることが多いですが、セラミックそのものは変色しにくい素材です。

 

セラミックの歯冠が変色してしまう理由としては、食べ物や飲み物の色が移り、着色が進んでいることがあげられますので、ホワイトニング治療を行う際も、人工歯の表面についた着色汚れを落としていく治療が効果的となります。

差し歯のホワイトニングにも様々な治療方法があります

差し歯のホワイトニングにも様々な治療方法がありますが、差し歯の素材によっても最適な治療方法は変わってきますので、まずは歯科医師に相談してみましょう。

 

インプラントで作った人工歯は従来のホワイトニング用の薬剤で白くすることはできませんが、表面についた着色汚れを落としてもらうことでかなり白さを取り戻すことができます。

 

従来のホワイトニング剤では人工歯が変質してしまうこともありますので本物の歯のホワイトニング治療を行う場合も劣化が起こらないか確認しておくことがおすすめです。

 

歯科医院でのクリーニングを利用すれば、人工歯の表面についた着色汚れもかなり落とすことができますが、変色が進んでしまった歯冠はクリーニングでも汚れを落とすことは難しくなりますので、歯冠そのものを交換することも考えてみましょう。

 

レジンなどは変色しやすい傾向にありますので、変色しやすい歯冠を使っている場合はより汚れがつきにくい素材に変えてみることもおすすめです。