インレーをした歯のホワイトニング

MENU

インレーとはどのような治療であるか

 

虫歯を削ってた部分に、銀歯などで詰め物をしますが、これをインレーと呼びます。保険治療では銀歯などの金属が一般的ですが、プラスチック素材であれば白い材料を使うこともできます。

 

削った部分を詰めることで噛めるようにするのが目的の治療で、差し歯よりも小さく、歯に埋め込むような形になります。

 

ホワイトニングをする際に、インレーがあるとできないのではないかと心配になる人もいます。

 

結論から言うと、詰め物や差し歯があってもホワイトニングをすることはできます。ただ、詰め物が割れていたり、虫歯になっていると、ホワイトニングの薬剤がしみてしまうので、まずは歯を治してからホワイトニングをすることになります。

 

初診で歯科医院を受診すると、いきなりホワイトニングをするのではなく、まずは検査を行います。この際に、詰め物の状態などを確認するので、正確な状態を知ることが出来、治療の順番を決めていきます。

ホワイトニングの薬剤とインレー

ホワイトニングの薬剤は、本物の歯に対して漂白作用を持つため、詰め物を白くすることはできません。ですから、詰め物をしたままホワイトニングをすると、詰め物の部分だけは色が変わらず、自分の歯だけ色が白くなっていきます。銀歯であれば、それほど目立つことはありませんが、白い詰め物をしていると、詰め物の
色は元の歯の色なのに、歯は白くなっていくので、目立ってしまうことがあります。

 

 

そのため、インレーがある場合は、ホワイトニングをした後に詰め直すことで、よりきれいな状態にすることができます。

 

見た目もいいだけでなく、お口の中で詰め物が目立ってしまうこともなくなり、お口全体が白くなります。お口の中にコンプレックスを持つ人がいれば、この治療法を試すことで、きれいな口元を手に入れることができます。歯の色や、詰め物が気になって、口元を手で隠す癖がついている人には、ぜひ試してほしい治療です。

ホワイトニングをすることの効果

ホワイトニングは、歯を白くするための施術です。しかし、白くするだけでなく、他にもたくさんの効果があります。歯の色というのは、年齢を重ねるごとに黄ばんでいきます。

 

これは、歯の内部の象牙質と呼ばれる部分が黄ばんでいくからです。歯を白くすることで、アンチエイジング効果も得ることができます。

 

明るい口元は、若々しい印象だけでなく、健康的な印象を与えることができます。インレーも一緒に治すことで、よりきれいなお口になり、自分に自信が付くという人も多いです。

 

大きな口を開けて笑えるということは、日本人には難しいことと言われています。それほど、日本人は虫歯や歯の色にコンプレックスを持っているという人が多いということです。このように、歯を白くすることで、様々なメリットが得られるということが分かるでしょう。歯科医院に相談すれば、自分に合ったホワイトニングの方法を教えてもらうことができます。