タバコのヤニが気になったらホワイトニング

MENU

ヤニで黄ばむ理由をまずは知ること

 

なぜ歯が黄ばむのか、そのメカニズムがあります。口内には唾液が常にありますが、食べ物の酸や冷たいもの、熱い食べ物からはを守る効果のある「ペリクル」という成分で歯がコーティングされています。

 

しかし、「ペリクル」は、ステインや細菌と結びつくという特徴があり、特にタバコのタールと強く結びつく事がわかっています。

 

「ペリクル」がそういった黄ばみの原因となる成分と結びつくまでには半日から1日ある程度の時間がかかるため、黄ばみ成分を摂取した後に放置せず歯を磨く事で予防が可能です。

 

しかし、長時間放置すればするほど強力に「ペリクル」は黄ばみ成分と結びついていくので、黄ばんでしまってから磨いてもそのままの色になってしまうのです。そして、その積み重ねが強固な黄ばみとなる、更に黄ばんでいくという悪循環を招いてしまうのです。食べ物や飲み物の摂取、タバコを吸った後は歯を磨く事を徹底すると黄ばみを防げます。

ヤニやタールを自分でケアして落とす

黄ばみの原因であるステインやタールを摂取後、直ぐに磨く事ができなかったり、これまで蓄積されてしまった場合、ホワイトニングが効果的です。しかし、歯医者や審美歯科など専門家による施術の他、手軽に自分でできる方法もあります。

 

しかし、即効性については、専門家による施術よりはゆっくりなので継続的なケアをしていく事は覚悟しなければなりません。

 

その方法とは、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使って歯磨きを行う、ホワイトニング用グッズを使うなどがあります。歯磨き粉を使用する場合には、その成分は注意しなければなりません。

 

「研磨剤」配合のものは、歯の表面を削って白くするものなので、削られた歯は冷たいものや熱いもの、酸などでしみてしまう危険があります。

 

また、どんどん削られるので歯が薄くもろくなることもあります。使用するなら、研磨剤が入ってないものを使用するといいでしょう。ただやはり、即効性は薄いので継続的に使用が必要になります。

専門家による施術によってヤニやステインで黄ばんだ歯を白くする

専門家によるホワイトニングは即効性と確実性において十分に期待できます。しかし、費用は保険が効かないので実費です。施術は、超音波スケーラーとハンドスケーラーとがあり、ハンドスケーラーの場合には麻酔をすることもあります。

 

また、診察を受けて、自宅で行えるホームホワイトニングというものもあります。これは、自宅でマウスピースを使用するのですが、歯を白くする成分が入った薬をマウスピースと一緒に使用するのですが、決められた時間着用しなければならないという手間がかかります。

 

やはり、自宅で行うものだと手間や即効性にかけるという問題があります。こららは、ヤニやステインで黄ばんでしまった歯を白くするホワイトニングで、そもそも自身の歯の色が黄色い場合には、効果は期待できないので注意が必要です。このように、後天的な影響を受けて黄ばんでしまった歯を美しい白い歯にするためのに様々な方法があります。